コンタクト・めがね処方|春日駅前こばやし眼科|眼科・小児眼科|春日駅・後楽園駅

MENU

CONTACT LENS&GLASSES

コンタクト・めがね処方

コンタクト・めがね処方

当院では通常の屈折異常(近視、遠視、乱視)に対する眼鏡や、老眼鏡、遠近両用、弱視治療のための眼鏡の処方が可能です。眼科での眼鏡処方は見えづらさの原因を調べたうえで処方を行います。合わない眼鏡の使用は眼精疲労、肩こり、頭痛など体の不調にもつながることがあります。また弱視のお子様の場合には、視力の発達を促すために治療として眼鏡装用が必要になります。

通常の視力検査では検査機器で測った数値をもとに、適したレンズの眼鏡をかけて視力がどこまで出るかを検査します。一方、普段使う眼鏡のレンズは視力検査で測ったレンズと同じとは限りません。見えやすさと同時にかけやすさも大事になります。強い度数ではくらくらしてしまったり、左右で度数の差がある場合などはかけやすさを重視すると完璧な見え方にはできないことがあります。また、運転をする、手元を見やすくするなど眼鏡をかける目的によっても処方度数は変わってきます。

その方にとって適切な眼鏡を処方するため、眼鏡の度数を決定後、実際に眼鏡をかけた状態で15~30分ほどお試しいただきます。検査後、眼鏡の処方箋をお渡ししますので眼鏡店に持って行き眼鏡をご購入ください。

  • 時間に余裕をもってお越しください(眼鏡処方ご希望の方は午前は12時、午後は17時までにご来院ください)
  • 今までお使いの眼鏡をご持参ください。新しい眼鏡の処方の度数決定の参考になります。
  • 小学生以下のお子様の眼鏡処方はよりくわしい検査が必要となることがあります。こちらをご覧ください。

コンタクトレンズの処方

当院では下記のコンタクトレンズの処方が可能です。コンタクトレンズは薬事法に定められた高度管理医療機器として、副作用・機能障害を生じた場合の人体へのリスクが高いものと位置づけられています。コンタクトレンズは目にとっては異物です。適切なコンタクトレンズを装用し、正しいケアを行わないと障害が起こりやすくなります。

コンタクトレンズを使用している方は異常がなくても、3ヶ月程度に1度は眼科で定期検査を受けることをお勧めします。もし見えづらさ、目の痛み、充血などのトラブルが起こった場合は、コンタクトレンズを外して、できるだけ早く受診してください。

  • 当院では基本的に中学生以上からの処方としております。
  • 中学生、高校生は保護者の方の同意が必要になりますので、保護者同伴にてご来院いただきますようお願いします。
  • 初めてコンタクトレンズを使用する方はつけ外しの練習が必要になります(30分ほど)。難しい場合は当日処方できず後日来院していただくことがあります。時間に余裕をもってお越しください(初めてのコンタクトレンズの処方の方は午前は12時、午後は17時までにご来院ください)。

当院で処方できるコンタクトレンズ

コンタクトレンズは種類によりレンズの規格が異なるため、それぞれのテストレンズを装用しての検査が必要です。取り扱いのないレンズは処方ができませんので、必ず当院で処方ができるレンズの種類をご確認ください。また、現在お使いのレンズデータが分かるものをお持ちであればご持参ください。

1日使い捨てソフトコンタクトレンズ

ワンデーアキュビューオアシス
(ジョンソンエンドジョンソン)
ワンデーアキュビューオアシス
ワンデーアキュビューモイスト
(ジョンソンエンドジョンソン)
ワンデーアキュビューモイスト
ワンデーピュアうるおいプラス
(シード)
ワンデーピュアうるおいプラス
ワンデーメニコンプレミオ
(メニコン)
ワンデーメニコンプレミオ
マイデイ
(クーパービジョン)
マイデイ(クーパービジョン)
ワンデーアクエアエボリューション
(クーパービジョン)
ワンデーアクエアエボリューション(クーパービジョン)

2週間使い捨てソフトコンタクトレンズ

アキュビューオアシス
(ジョンソンエンドジョンソン)
アキュビューオアシス
2ウィークバイオフィニティ
(クーパービジョン)
2ウィークバイオフィニティ(クーパービジョン)

1日使い捨てソフト(乱視用)

ワンデーアキュビューモイスト乱視用(ジョンソンエンドジョンソン)
ワンデーアキュビューモイスト乱視用
ワンデーピュアうるおいプラス乱視用(シード)
ワンデーピュアうるおいプラス乱視用
ワンデーメニコンプレミオトーリック(メニコン)
ワンデーメニコンプレミオトーリック
ワンデーアクエアトーリック
(クーパービジョン)
ワンデーアクエアトーリック(クーパービジョン)

2週間使い捨てソフト(乱視用)

アキュビューオアシス乱視用
(ジョンソンエンドジョンソン)
アキュビューオアシス乱視用
2ウィークバイオフィニティトーリック
(クーパービジョン)
2ウィークバイオフィニティトーリック(クーパービジョン)

1日使い捨てソフト(遠近両用)

ワンデーアキュビューモイストマルチフォーカル
(ジョンソンエンドジョンソン)
ワンデーアキュビューモイストマルチフォーカル(ジョンソンエンドジョンソン)
ワンデーピュア EDOF(シード)
ワンデーピュア EDOF

1日使い捨てソフト
(サークルレンズ)

ワンデーアキュビューディファインモイスト(ジョンソンエンドジョンソン)
ワンデーアキュビューディファインモイスト
アイコフレ ワンデーUV M
(シード)
アイコフレ ワンデーUV M

オルソケラトロジー

特殊な形のハードコンタクトレンズを就寝中に装用することで、日中良好な裸眼視力を得る近視矯正方法です。眼に入ってきた光が網膜上で焦点が合うことで像としてとらえることができますが、近視はこの焦点が網膜の手前で結ばれるため像がぼやけて見えます。オルソケラトロジーは夜寝るときに特殊な形のコンタクトレンズを装用し、角膜(黒目)の形状をやや平坦化させることで焦点が網膜上に結ばれるようにします。レンズを外しても一定期間角膜の形状が保たれるため焦点は合ったままとなり、外した後の裸眼の状態でもよく見える状態が維持できます。近年は小児期からのオルソケラトロジーで近視進行抑制に効果があるといわれています。

一般的には治療開始から1週間程度、就寝時の装用を続けることで日中裸眼で生活できる視力となることが多いです。軽度の近視の方、お子様など組織が柔らかく効果が出やすい方は数時間から数日で効果を実感されることもあります。

オルソケラトロジーは激しい動きが必要なスポーツをしている方、日中コンタクトレンズや眼鏡をつけたくない方などに向いています。強度の近視の方、乱視の強い方は矯正効果が弱く、効果が期待できません。また、安定した視力を得るためには毎日6時間程度の装用が必要なので、生活リズムが不規則な方にはお勧めできません。ドライアイ、アレルギー症状の強い方、ほかの眼疾患がある方は不適応となります。視力が安定するまで個人差があったり、光がにじんで見えることもあるので毎日運転される方にも適していません。

治療の対象
6歳以上、軽度から中程度の近視で乱視の強くない方(~-4D、乱視は-1.5D以下)を対象としております。20歳未満は慎重処方とされていますが、近年近視進行抑制効果を期待して小児期からも処方が行われております。ただし、20歳未満の方(特に小学生、中学生)への処方はご本人、保護者の方がともにコンタクトレンズの取り扱い、コンタクトレンズにより起こりうる合併症(感染症など)を十分ご理解いただき、定期検査を受けられる方のみとさせていただいております。
使用方法
就寝前にオルソケラトロジーレンズを装用して就寝、起きてからレンズを外します。レンズ自体の取り扱いは通常のハードコンタクトレンズと同様です。清潔な手でこすり洗いをし、使用しない間は洗浄保存液を入れたレンズケースで保管します。
注意点
視力矯正効果は一時的であるため原則として毎日の装用が必要になります。また通常のコンタクトレンズと同様、角膜障害、感染症などのリスクがあります。定期検査を必ず受けてください。コンタクトレンズの取り扱いには十分注意が必要で、特にお子様の場合は保護者の方によるコンタクトレンズの装着、ケアが重要になります。ご本人のコンタクトレンズのケアに不安がある場合、お子様のオルソケラトロジーで保護者の方のご協力が得られないような場合は治療をお断りすることがあります。

治療の流れ

初診(保険診療)
STEP1

お電話、受付にて「オルソケラトロジー」を行いたい旨をお申し出ください。

STEP2

視力検査、角膜形状解析検査(黒目の形を見る検査)など眼科一般検査を受けて頂き、オルソケラトロジーが可能か眼の状態を調べます。

STEP3

オルソケラトロジーの適応であり、レンズの使用方法やリスクを理解されましたらオルソケラトロジーレンズのトライアル装用のご予約をお取りします。未成年の方は保護者の同意が必要となります。

トライアル装用(以降自費治療)
STEP1

ご予約を取って来院いただき、院内のトライアルレンズを装用します。

STEP2

レンズのフィッティングを確認したあとに約1時間レンズをつけたまま休んでいただきます(眼を閉じた状態)。その後レンズを外し、視力検査などを行い効果の確認をします。程度に個人差はありますが短時間の装用でも近視の度数が軽くなります。

STEP3

レンズ装用が可能で、効果を実感され治療を行うと決められましたら1か月のお試し装用に進みます。患者様に応じた専用レンズを注文し、レンズの使用方法(レンズのつけ方・外し方、レンズケア)をご説明します。小学校低学年以下のお子さまでは保護者の方にレンズのつけ外し、レンズの洗浄などを行っていただきます。

STEP4

2~3日で注文したレンズが届きますので受け取りに来て装用を開始してください。

1か月のお試し装用
STEP1

1週間後に再診していただき、効果の確認と眼の状態が問題ないかを確認します。

STEP2

装用開始から1か月後に再診していただきます。1か月の間に治療を継続するかを決定してください。このまま継続される場合は追加の治療継続費の支払いが必要になります。治療継続費支払い後は返金の対応ができません。よくご検討ください。

治療の継続

治療を継続される間は3か月ごとに定期検査の受診が必要です。

※治療を継続しない場合は専用レンズの返却が必要です(レンズは購入していただくのではなく、貸し出して使用するものになります)。
※治療の継続を希望されても眼の状態により治療を続けられない場合もあります。

費用

保険適用外(自費診療)となります。保険診療と同日に検査が行えません。定期検査でご来院されても目の痛み、かゆみなどがあるといったほかの症状があるときはあらかじめお伝えください。また、医療費控除の対象となりますので、当院から発行した領収書は大切に保管してください(再発行不可)。

【初年度】治療にかかる費用(税込)
適応検査&トライアル装用 5,500円
お試し装用(1か月)
*専用レンズの使用料
*お試し期間中の検査費用
*初回ケア用品
33,000円
治療継続費
*専用レンズ代
*1年間の定期検査代
*専用レンズの破損交換保証(1年以内、片眼につき1回)
*3か月ごとに交換するレンズケース
両眼:143,000円
片眼:77,000円
その他の費用(税込)
レンズの紛失 33,000円/1枚
2年目以降にかかる費用(税込)
定期検査代 3,300円/1回
レンズの定期交換
*最低でも2年毎の交換をお勧めしています。
33,000円/1枚